コーヒーの本

【まるで魔法】世界一美味しいコーヒーの淹れ方

タイトル画像

今回は15代ワールド・バリスタ・チャンピオンの井崎英典さん著書「世界一美味しいコーヒーの淹れ方」の読んだ感想とおすすめポイントなど紹介したいと思います!

本の画像
  • 初めてコーヒー関連の書籍を買おうと思っている方
  • なかなかハンドドリップで上手くコーヒーを淹れることのできない方
  • YouTubeを見て抽出方法が気になっている方

におすすめの本です!

世界一美味しいコーヒーとは?

見出しタイトル画像

この本の中での「世界一美味しい」とは

自分が本当に美味しいと感じられる
自分好みの最高の1杯

と解説されています。

こういう考え方って良いですよね。

世界一美味しいに正解は無くて、自分好みを見つけやすいように井崎さんはこの本を書いてくださっているので、なかなか自分の好みの味が見つからない方にはとてもおすすめの一冊です。

「世界一美味しいコーヒーの淹れ方」のおすすめポイント

見出しタイトル画像

豆について、焙煎について、抽出について、水のことや豆の保存方法についてなど、一般的なコーヒーの本と同じような内容はしっかり載っています。

コーヒーをこれから勉強しようと思っている方でも、しっかりコーヒーについて知識を身に着けることができます。

「世界一美味しいコーヒーの淹れ方」が他のコーヒーの本と違うおすすめポイントは、自分好みの味を見つけやすいようにしてくれているところです。

「酸味と苦味」と「濃度の高低」を軸にして、後口(キレ・コク・スッキリ・まろやか)を分類する「味わい判定表」という図が自分好みの味を見つけやすくしてくれています。

また、キレ・コク・スッキリ・まろやか・バランスと、それぞれのレシピも細かく載っているので、この本があれば自分好みの味わいを見つけることができると思います。

プロに負けない最強の抽出メソッド

見出しタイトル画像

この本の一番の目玉ともいえるのがCHAPTER4の「プロに負けない最強の抽出メソッド」です。

YouTubeでも井崎さんの抽出方法は無料で見れるので見たことない方は是非一度ご覧ください!

その動画の詳細がこの本にまとめられているので、どちらも見ると理解が深まると思います。

抽出中にドリッパーをゆすったり、お湯を注ぐ時にペーパーを濡らしても問題ないという解説など、個人的には斬新な内容が沢山書かれていました。

初めて見た時は違和感しかなかったのですが、慣れてしまえば再現性も高い抽出方法なので、僕もよくこの方法で淹れています!

yamamoto
yamamoto
ぜひ試していただきたいです!

「世界一美味しいコーヒーの淹れ方」のまとめ

これからコーヒーを勉強しようと思っている方はもちろん、自分でハンドドリップをするけど味が安定しない方にもおすすめの一冊です。

一般的なハンドドリップの方法とは少し変わった淹れ方や、井崎さんのコーヒーに対する考え方などを読んでいると、コーヒーって楽しいなぁと改めて感じることができる本でした。

是非読んでみてください!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA