コーヒー器具

【コスパ最強!】入手困難のダイソー「手挽きコーヒーミル」を徹底レビュー!

タイトル画像

ダイソーにコーヒーミルが売っているってご存知ですか?

お値段はなんと500円!

メリタやカリタ、ハリオなど有名なコーヒーメーカーで安い物を選んでも2000円位はするので500円は破格です!

入荷してはすぐ売り切れるという人気商品のようなので、今回奇跡的に見かけて即買いしちゃいました!

この記事ではダイソーで買えるコーヒーミルの

  • 商品仕様
  • コーヒー豆を挽いてみた感じ
  • 手入れ方法
  • 入手方法
  • 実際に淹れたコーヒーの味

について解説していきます!

コーヒーミルとは?

そもそもコーヒーミルって何?って方のために簡単にコーヒーミルの説明をします。

コーヒー豆を挽く器具です。

細挽き〜粗挽きなど、粒度(挽いた粉の大きさ)が調節できて、その時に飲みたい分のコーヒー豆を挽くことができるコーヒー愛好家の必須アイテムです。

手動だったり電動だったり、粉砕方法も臼型やプロペラ型など、メーカーによってデザインも様々で色々な種類が出ています。

安い物でも2000円位はするのですが、なんとダイソーではそのコーヒーミルが500円で売られています!

ダイソーのコーヒーミルの仕様

コーヒーミルの画像

それではダイソーのコーヒーミルを細かくレビューしていきたいと思います!

まず気になったのがどこまで分解できるのか、、、

コーヒーミルを分解した画像

上のハンドル部分、臼部分、粉受け容器の3分割とシンプルなつくりでした。

ちょっと手入れがめんどくさそうです、、、

ハンドル部分の画像

ハンドルは長さ調節できてコンパクトにもなる仕様です。

大きさは横幅約7.5cm高さ約17cm(ハンドル含む)でした。

重さはというと、、、

コーヒーミルの重さの画像

404gでした。

粉受け部分の画像

粉受け部分がしっかりしたガラスなので、木製やプラスチック製のものと比べると若干重たいですね。

yamamoto
yamamoto
持ち運びには少し不便かもしれません。

次は肝心な粉砕部分

コーヒーミルの臼部分

臼型でした。

ちなみに素材はセラミックなので、錆びにくいだけじゃなく

摩擦による熱が発生しにくいので、熱によるコーヒー粉へのダメージも軽減できます。

コーヒーミルの調節メモリの画像

粒度(粉の大きさ)はメモリがついているので、黒い部分をひねって簡単に調節できます。

箱の粒度説明の画像

箱にも写真付きで説明が書かれていたのでわかりやすいですね。

yamamoto
yamamoto
結構しっかりしています。

いったいどれくらいの量の豆がひけるか気になったので

限界まで豆を入れてみました。

豆の重さの画像

26gでした。

2~3人分の豆が一気に挽けますね。

yamamoto
yamamoto
ちょっと重たいのが気になる部分だけど、500円でこのクオリティは文句なしですね。

ダイソーのコーヒーミルでコーヒー豆を挽いてみる!

パンパンにコーヒー豆をいれたので、実際に挽てみましょう。

コーヒーミルの調節メモリの画像

真ん中の中細引きで挽いていきたいと思います。

コーヒー粉なの画像

かなり大量になりました。

若干粒の大きさにばらつきはありますね。

ちなみに26gのコーヒー豆が挽き終わるのに12分かかりました(笑)

本体は重さもあって、横幅もあるので挽くときの安定感はあるんですが、、、

ハンドルが結構短いんですね。

他社製品ののコーヒーミルよりも若干豆を挽くのに時間はかかるかもしれません。

あと、個人的にはもっとガリガリ感が欲しかったです。

コーヒーミル特有のハンドルを回すときに豆を粉砕するガリガリ感がちょっと弱い気がしました。

ダイソーのコーヒーミルの手入れ方法

仕様でも紹介したんですが

コーヒーミルを分解した画像

3分割しかできないので、洗い物はかなり少なくすみますね。

でも臼部分が分解できないのがちょっとネックな部分ではあります。

コーヒーミルの臼部分

この部分に粉が結構付きます。

ブラシのようなもので、コーヒー粉をしっかり落として食器用洗剤で洗うようにしましょう。

洗ったあとはしっかり乾燥させてから組み立てましょう。

yamamoto
yamamoto
おいしいコーヒーを飲むために手入れはしっかりしましょう。

ダイソーのコーヒーミルで実際コーヒーを淹れてみる

ダイソーのコーヒーミルで挽いた豆を使って実際にコーヒーを淹れて嫁に飲んでもらいました。

ダイソーのコーヒーミルで挽いたことは伝えず(いつもはハリオの2000円位のコーヒーミルをよく使っています)

何も言わずにいつも通り、コーヒーを差し出して感想を聞いてみると、、、

「深い!」

はい、いつもと変わらないみたいです。

ウチの嫁はいつもだいたい「深い!」と言うので、味に違いはなかったようです笑

ダイソーのコーヒーミルが売っていない時は注文してみる!

僕は今回奇跡的に入手できましたが、かなりの人気商品のようで「なかなか手に入らないよー」って方が沢山いるようです。

そこで、ダイソーの商品って注文とかできるのかなぁと思って調べてみました。

できるみたいです。

近くの店舗に問い合わせして商品がなければ、取り寄せもしてもらえるそうです。

詳細はこちらから確認してください。

ダイソーのコーヒーミルのまとめ

ちょっとハンドルが短い。

それ以外は文句なしです。

500円でこのクオリティすごい!

初めてコーヒーミルを買おうと思っている方は、一度ダイソーで探して頂きたい。

すでに持っている方も予備でぜひ!

この記事が誰かの役に立てば嬉しいです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA