コーヒー雑学

【おいしい温度とは?】コーヒーを淹れる時のオススメ湯温

タイトル画像

コーヒーを淹れる時のお湯の適正温度って何度かご存知ですか?

沸騰して直ぐのお湯を使っている方

それはちょっと高すぎなので本来のコーヒーのおいしさを味わえていないかもしれません。

この記事では

  • 味と温度の関係
  • コーヒーを淹れる時のオススメ湯温
  • おいしくコーヒーを飲むちょっとしたコツ
  • 温度計が無いときの対処法

についてお話していきます。

味と温度の関係

見出しタイトルの画像

人が一般的においしいと感じる温度は体温±30℃前後と言われています。

冷たいものであれば5~11℃、温かいものであれば70℃前後が一番おいしいと感じます。

温度が低いほど苦味を強く感じたり、体温に近い37℃前後は甘味を一番感じやすかったりと、温度によって味に大きく変化があります。

アイスコーヒーは5~11℃、ホットコーヒーは60~70℃あたりが飲み頃です

コーヒーを淹れる時のオススメ湯温

見出しタイトルの画像

オススメというより、コーヒーを淹れる時のお湯は90~95℃で淹れるのが一般的です。

コーヒーの酸味成分は小さくて軽いのでお湯を通すとすぐに溶け出し、早めの段階でこれ以上溶け出ることのない状態になります。

反対に苦味成分は大きく重いのでゆっくり溶け出します。特に抽出の後半の方で成分がよく出るようになっています。

ただ、温度が低いと酸味や甘味成分が先に抽出されて、逆に高いと苦味や渋み成分が先に溶け出すので、お湯の温度で味を調節することが可能です。

ザックリした感覚で言うと、、、

温度が低いと酸っぱい、あっさり

温度が高いと苦い、どっしり

みたいな感じになります。

yamamoto
yamamoto
個人的な感覚です!

また、焙煎度合いよって温度を変えてみても良いかと思います。

浅煎りの場合は味が出にくいので高めの温度

深煎りの場合は味が出やすいので低めの温度

さらに豆によって変えてみるのもありだと思います。

5℃間隔くらいの湯温で淹れて、飲み比べして自分好みの味を探してみてください!

おいしくコーヒーを飲むちょっとしたコツ

見出しタイトルの画像

コツというより手間なのですが、、、

アイスコーヒーならグラスを冷やしておく、ホットコーヒーならカップを温めておくことです。

少し手間になりますが、コーヒーを少しでも長くおいしく飲むためには必ずやっておいた方が良いと思います。

アイスコーヒーの場合グラスを冷やしておくことで温度が上がるのを防ぐのと同時に、グラスの氷が溶けて味が薄くなるのを軽減してくれます。

温度計が無いときの対処法

見出しタイトルの画像

お湯の温度にこだわりたいなら1000円程度で温度計は買えるので買っておいて損はないかと思います。

温度計を使って毎回同じ温度で淹れるのが一番良いのですが、そこまでこだわりが無いなら下記方法でだいたい適した抽出温度になります。

沸騰したお湯を火からおろして1~3分放置

沸騰したお湯をポットに移し替える

これでだいたい95℃前後になるのでコーヒー抽出に適した温度になります。

ぜひお試しください。

コーヒーを淹れる時のオススメ湯温のまとめ

お湯の温度が低いと、酸味が強い、あっさり

お湯の温度が高いと、苦味が強い、どっしり

「コーヒーを淹れる時のオススメのお湯の温度」というタイトルなのですが、だいぶザックリした感じの記事になってしまいました。

でも、人それぞれ好みの豆や焙煎度合いがあるように、お湯の温度も人によって好みが変わってくると思うので、基本は90~95℃ですが、自分で調節して色んな温度で淹れてみて頂きたいです。

ちなみに温度だけじゃなくて水の硬度によってもコーヒーの味は変わってきます。

沢山飲んで自分好みの味を見つけてみて下さい!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA