コーヒー雑学

【コーヒーの相棒!】甘味を加えるだけじゃない! 砂糖の種類や特徴について

タイトル画像

僕はわりとブラックで飲むことが多いですが、、、

甘味を加えたらどんな味になるのかなぁと気になるコーヒーには時々グラニュー糖やハチミツなど加えたりします。

砂糖といっても、風味やコクがプラスされるもの、粉末や液体など色々な種類があります。

コーヒーに合わせて使い分けすると楽しみ方も広がります!

今回はそんな砂糖について色々な種類や特徴をお話していきたいと思います。

グラニュー糖

グラニュー糖の画像

日本では砂糖と聞くと「上白糖」が一般的ですが、世界規模でみると一番使用量が多いのは「グラニュー糖」らしいですよ!

味にクセが無くコーヒーの持ち味を邪魔することがないので、甘さだけを加えたいならグラニュー糖が一番おすすめです。

このよく見かけるスプーン印のパッケージですが、、、

「グラニュ糖」、、、

yamamoto
yamamoto
最後伸ばさないの気になる(笑)

黒糖

黒糖の画像

カフェのメニューでも黒糖ラテはよく見かけますよね!

グラニュー糖とは違って、甘さにプラスして黒糖の独特なコクも加えることができます。

多少クセはあるので好き嫌いは分かれるかもしれません。

コーヒーシュガー

コーヒーシュガーの画像

僕はコーヒーにハマって初めてコーヒーシュガーの存在を知りました。

粒の大きさも色も様々で、パッと見はガラスの破片みたいな感じです。

一粒一粒が結構大きいので溶けるまでに時間がかかります。

飲み始めと終わりで違う味わいを楽しむことが出来ます。

最初甘味が足りないなぁと思って大量に入れると、後半甘くなりすぎるので注意が必要です。

ガムシロップ

ガムシロップの画像

アイスコーヒーに甘味を加えるならガムシロップが一番ポピュラーですよね!

砂糖を水で薄めているので、ものによっては甘さは控えめなこともあります。

ホットコーヒーに入れてもいいんですが、砂糖を水で薄めているのでコーヒーの味が薄くなる可能性があります。

アイスコーヒーは氷が溶けて薄まることを前提として濃く抽出されているので、多少は薄まっても不味くならないようになっています。

ハチミツ

ハチミツの画像

黒糖と一緒で独特の風味やコクがあるので、好みはわかれるかもしれません。

ハチミツは栄養価が高いので、健康志向の方にはグラニュー糖やガムシロップよりもハチミツがオススメですね!

採取される花の種類や生産地でも味が変わってくるので、コーヒーに合う味を探してみるのも楽しいかもしれません。

砂糖の種類や特徴についてのまとめ

好きなコーヒーに出会ったら、今度は加える甘さの種類を変えてみると楽しみ方も広がると思います!

更に合わせるミルクによっても味がまた変わってきます!

コーヒーって楽しいですね!

この記事を読んでコーヒーの楽しみ方が増えたら嬉しいです!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA