コーヒー豆

【チビゴリラ!?】珈琲問屋で可愛い名前のコーヒー豆発見!

タイトル画像

僕はネットでコーヒー豆を買うときに珈琲問屋をよく利用します。

月替わりで安くなる豆や限定品があって、それが楽しみなんです!

今回はその珈琲問屋で限定品として発売されていた「ルワンダ チビゴリラ」をレビューしたいと思います。

名前に惹かれてしまいました。

「ジャケ買い」ならぬ「ネーミング買い」です(笑)

ルワンダコーヒーの特徴

見出しタイトル画像

アフリカ大陸の中央に位置するルワンダでは、コーヒーの栽培は広い地域で行われています。

標高が高く火山灰質の土壌で栽培が行われ、ほとんどがアラビカ種ブルボンです。

精製方法はナチュラルが主流だったけど、今はウォッシュドが推奨されているようです。

アフリカのコーヒー特有の甘い香りやフルーティな酸味が特徴的です。

yamamoto
yamamoto
個人的には浅煎りで酸味を楽しみたい派です!

「ルワンダ チビゴリラ」の豆情報

珈琲問屋のHPに記載されていた情報です。

生産情報

地域南プロバンズ 南ニャマガベ バロ地区
生産者ルヒルワパスカル生産者組合
精製所バフコーヒー・ニャルシザ農協
品種ブルボン
精製方法ウォッシュド
乾燥方法天日乾燥(アフリカンベッド)
平均気温17~18℃
降水量1300~1400mm
標高1785m

味覚チャート

酸味:3.5
苦味:3.5
甘味:3.0
コク:3.5
香り:3.5

※MAX 5.0

オススメの焙煎具合はミディアムローストかハイローストとのこと。

yamamoto
yamamoto
今回はオススメのミディアムローストで注文しました!

「ルワンダ チビゴリラ」の味

説明書きの画像

ローストナッツに蜜の甘さを感じる香り。重厚感のある飲み口。爽やかな酸味

と袋には記載されていますね。

封を切ったら、まさに説明どおり蜜のような甘い香りが感じられました。

ミルで挽いて粉にするとさらに香りが増して、淹れる前から香りは存分に楽しめます。

豆の画像

ミディアムロースとで注文しましたが、煎りムラはほとんどなく、欠点豆も少なくて良い感じです。

ペーパードリップで淹れた画像

今回はペーパードリップで頂きました。

フルーティな酸味があってさっぱりしているけど、どっしりとした飲みごたえもあります。

アップルティーを飲んだ時の後味に近いものも感じられます。

ミルクを入れるより、砂糖を少し入れて甘さを追加するとおいしく飲めると思います!

「ルワンダ チビゴリラ」のまとめ

調べてみたんですが、なぜチビゴリラという名前になったのかは謎でした(謎)

ただ、このおいしさで100gで380円はかなりお得ではないでしょうか!

限定品って普通お値段ちょっと高くすると思うんですが、なんでこんなに安くなるんですかね?

この記事を読んでくださっている方も、ぜひ珈琲問屋の限定品を試してみてください!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA