コーヒー豆

【コーヒーの定期便】「Post Coffee(ポストコーヒー)」利用した感想とサービス内容を解説!

タイトル画像

AIの診断によって自分好みのコーヒーが毎月自宅に送られてくる「Post Coffee(ポストコーヒー)」

実際に利用してみたので、細かくレビューしていきたいと思います!

この記事ではPost Coffee(ポストコーヒー)の

  • 始め方
  • 初回で届くセット内容
  • マイページの使い方
  • メリット・デメリット

についてお話していきます。

Post Coffee(ポストコーヒー)を始めようか悩んでいる方は参考になると思います!

「Post Coffee(ポストコーヒー)」とは?

ポストコーヒーの箱の画像

Post Coffee(ポストコーヒー)とは、、、

15ヵ国30種類のスペシャルティコーヒーの中から毎月ランダムで3種類のコーヒーをポストにお届けしてくれるサービスです。

ランダムに選ばれるコーヒーは登録時に簡単な診断を受け、AIが診断結果から一番最適なコーヒーを選んでくれるシステムになっています。

価格は1480円+税/月~なので気軽に始められます!

また発送をスキップすることも解約も簡単にできるので安心です。

「Post Coffee(ポストコーヒー)」の始め方

会員登録も簡単にできるので、僕が登録したときの画面で紹介していきます。

ポストコーヒーのウェブ画像

こちらのページにアクセスすると画像の画面になるので「無料でコーヒー診断をする」をクリックしてスタートします。

質問の画面の画像

Q1~7の質問に答えていきます。

質問の画面の画像

Q1はニックネームや性別や年齢ですが、Q2~7は好きな食べ物やライフスタイルについての質問がランダムに出題されます。

この質問ですが、ホームページによると約15万通りあるそうです。

ここからAIが頑張って診断してくれるようです。

診断結果の画面の画像

今回の僕の診断結果は

中煎り好き、稀に違うテイストも飲む「MEDIUM NERD」

だそうです。

実はこの診断2回目の結果で、1回目は深煎りが好みと診断されました(笑)

僕の場合はどっちも好きなので問題無いんですが、ここで好みがズレている場合はやり直した方が良いかもしれません。

登録後も再診断は出来ます。

新しい発見があるかもしれないので、とりあえずはAIの言うことを聞いてみるのもありかもしれませんね。

注文内容の画面の画像

診断画面を下にスクロールすると注文内容が表示されます。

このままで良ければ「PostCoffeeを始める」をクリックして決済画面に進みます。

もしくは注文内容をカスタマイズすることも可能です。

カスタマイズの画面の画像
  • 7種類の豆の状態(豆のままや飲み方に応じた挽き方)
  • 砂糖・ミルクの有無
  • フィルターの有無
  • 9杯分か15杯分か
  • 月1回か2回か
  • デカフェの有無
  • 安定タイプ(好みに近いもの) or 冒険タイプ(好みのもを中心に違うフレーバーも試したい)

が選択可能です。

カスタマイズの画面の画像

今回は豆の量を増やして、砂糖とミルクを付けたら2570円になりました。

砂糖やミルク、豆の量、配送回数など変更有料なので自分の好みに応じて選択してください。

次回以降カスタマイズは変更できます。

「Post Coffee(ポストコーヒー)」初回で届いたセット内容

ポストコーヒーのセット内容の画像

AI診断で選ばれた3種類のコーヒー豆

日本屈指のロースター10社が提供しているコーヒー豆もあり、黒い袋が目印のようです。

今回は福岡県の「MANLY COFFEE」というお店のコーヒー豆が1袋入っていました。

ミルクと砂糖の画像

砂糖・ミルク(有料)

「ポストコーヒーおすすめの砂糖とミルク」という記載があったのですが、クリープと普通のスティックシュガーでした(笑)

セット内容の画像

ドリッパー・フィルター・ステッカー

コーヒーの淹れ方が書かれた説明書のようなものも同封されているので、ハンドドリップが初めてという方も安心して淹れられると思います。

テトラドリップの画像

付属のドリッパーはTetra Drip(テトラドリップ)

テトラドリップの画像

組み立て式で携帯用としても使える優れものです。

使い捨てドリッパーが届くと思っていたので、これはちょっと得した気分でした。

定価で買えば1000円はしますし、「PostCoffee」の刻印も入っているので特別感があって嬉しいですね。

パンフレットの画像

パンフレット類

取り扱っている豆のラインナップや提携しているロースターの説明、コーヒーのパッケージの見方やマイページの使い方などが記載されています。

yamamoto
yamamoto
ハンドドリップが初めての方でも安心してコーヒーが楽しめそうですね!

「Post Coffee(ポストコーヒー)」で届いたコーヒーを飲んでフィードバックする

3種類のコーヒー豆の画像

今回届いたのはエチオピア・グアテマラ・バリの3種類のコーヒー豆でした。

もちろん全部おいしかったです!

コーヒーを飲んだ後はフィードバッグをしていきます。

フィードバッグの画面の画像

ポストコーヒーのマイページから評価したいコーヒーを選んで「苦手・普通・好き」の3段階で評価するフィードバックする機能があります。

フィードバックを重ねていくと、より自分好みのコーヒーが届くようになるそうです。

評価はあとから変更も可能です

単品購入・リクエスト画面の画像

飲んでみて気に入ったコーヒーは単品購入とリクエスト機能でリクエストすることも可能です。

リクエスト機能は翌月分の配達に入る確率がアップするだけのようなので、必ずリクエストしたものが届くわけではなさそうです。

「Post Coffee(ポストコーヒー)」はこんな方におすすめ

  • 気軽に脱インスタントコーヒーしたい方
  • コーヒー豆を選ぶ時にいつも悩んでしまって選べない方
  • ランダムに届くコーヒー豆を楽しみたい方
  • 毎回注文(買いに行くのが)するのがめんどくさい方

におすすめです。

僕はランダムに届くワクワク感が楽しみで始めました!

フィードバッグ機能もあるので、自分の好みがわからなかったり、自分で豆を選べない方には特におすすめですね。

「Post Coffee(ポストコーヒー)」のメリット・デメリット

メリットは、、、

  • ポスト投函が便利
  • 自宅でスペシャルティコーヒーが気軽に楽しめる
  • 何が届くかわからないワクワク感がある

ポスト投函は不在の時でも安心なので助かりますね。

また、家にいながら気軽にカフェで出てくるおいしいコーヒーが楽しめるのも嬉しいですね。

デメリットは、、、

  • 値段がちょっと高い
  • 量が少ない

値段は少し高いかもしれませんね。

また、僕のように1日3~4杯飲む方にはかなり少ないと思います。

ここらへんは、何が届くかわからないワクワク感代として目をつぶることにしました。

「Post Coffee(ポストコーヒー)」のまとめ

ポストコーヒーの箱の画像

毎月どんなコーヒー豆が届くのかワクワク感が個人的には楽しみですが、単純にどんなコーヒー豆を選んでよいかわからない方にはおすすめのサービスです!

登録後から好みを調整(再診断)することも可能なので、実際利用してみて違った場合でも安心です。

気になっている方は、気軽に始められるのでぜひ登録してみてください!

この記事がPost Coffee(ポストコーヒー)を始めようか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA