コーヒー器具

【組み立て式コーヒードリッパー】MUNIEQ(ミュニーク)「Tetra Drip(テトラドリップ)」を徹底レビュー!

タイトル画像
組み立てる前のテトラドリップの画像

こちら、パッと見でコーヒー関連のアイテムとは思えない物体ですが、、、

「Tetra Drip(テトラドリップ)」という組み立て式のコーヒードリッパーなんです!

シンプルでコンパクトなアウトドア用品を製作している「MUNIEQ(ミュニーク)」という北海道のメーカーが頑張って製作してくれています。

今回はこのテトラドリップをレビューしていきたいと思います!

この記事ではテトラドリップの

  • 商品詳細
  • サイズ展開やカラーバリエーション
  • 使えるフィルター
  • 使ってみた感想

についてお話していきます。

アウトドア好きな方にはかなりオススメなドリッパーです!

Tetra Drip(テトラドリップ)の商品詳細

テトラドリップの画像

テトラドリップはいくつかバリエーションがありますが、今回は僕が所持している「Tetra Drip (PP ,small) [TD-01P]」を使ってレビューしていきます。

組み立てる前のテトラドリップの画像

サイズは組み立て前で縦約7cm × 横約10.5cm

3枚重ねて平置きにした画像

3枚重ねた厚さは約0.5cm

テトラドリップの画像

組み立て時で縦約6.5cm × 横約10.5cm

テトラドリップの重さを量った画像

重さはわずか10.5g

荷物として重さは感じないレベルですね。

コップにテトラドリップをセットした画像

直径48~95mmのカップ(容器)に使用できるので、自宅にあるものでだいたい使えるはずです。

Tetra Drip(テトラドリップ)のサイズ展開やカラーバリエーション

テトラドリップの画像

素材はポリプロピレンステンレスの2パターン。

サイズもsmall(カップ1杯分)large(カップ3杯分)の2パターン。

カラーはポリプロピレンだとグレー・レッド・ブルー・イエローの4色展開。

ステンレスだとシルバー・ブラックの2色展開。

ポストコーヒー付属のテトラドリップの画像

Post Coffee初回セットの付属コーヒードリッパーとしても採用されています。

Tetra Drip(テトラドリップ)に合うフィルターは?

説明欄の画像

付属の説明欄には円錐型のペーパーフィルター対応と記載があります。

あまり詳しくは書かれていないですね、、、

今回は家にある円錐型のフィルターをいくつか試しみようと思います。

ハリオのフィルターをセットした画像

HARIO V60 1~2杯用は問題無さそうです。

コーノのフィルターをセットした画像

KONO 2人用が個人的には一番しっくりくる感じがします。

100均のフィルターをセットした画像

100均(確かダイソーかセリア)の円錐フィルター 1~4杯用

ちょっと大きいですが、使えないことはなさそうです。

yamamoto
yamamoto
円錐型ならほとんどのメーカーの物が使えそうです!

Tetra Drip(テトラドリップ)でコーヒーを淹れてみる

組み立てている画像

まずは組み立てるところから

組み立てている画像

合体させていくと、、、

テトラドリップの画像

おしゃれなコーヒードリッパーになります!

安定感はしっかりありますね。

コーヒー粉を入れた画像

上から見るとしっかり三角です。

お湯が隅までいきわたるように注意して注いでいきたいと思います。

お湯を注いでいる画像

お湯を注いでいる時も全くグラグラすることなく安定してます。

コーヒーが抽出されている画像

抽出スピードは結構速めです。

テトラドリップでコーヒーを淹れた画像

抽出が早かったのもあって、比較的あっさり目の味わいでした!

Tetra Drip(テトラドリップ)のまとめ

テトラドリップの画像

場所も取らない・手入れも簡単・価格もお手頃・見た目もおしゃれ!

フィルターさえ用意すれば気軽のコーヒーが楽しめる優れものです!

自宅でコーヒーを淹れたいと思っている方はもちろん、アウトドアでコーヒーを淹れたいと思っている方には特におすすめです。

気になる方は是非使ってみてください!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA