コーヒー雑学

【マザグラン】ソーダと炭酸が合う!?簡単さわやかアレンジメニューのレシピ

タイトル画像

今回はマザグランというアレンジメニューのご紹介です。

レモン×ソーダでさっぱりしているので春夏には特におすすめのメニューです。

とても簡単で見た目もオシャレなので、コーヒーのアレンジメニューを探していた方!

すごくおすすめのアレンジメニューです!

この記事では

  • マザグランって?
  • マザグランのレシピ
  • マザグランの味

についてお話していきます。

マザグランとは

マザグランはアルジェリアにある小さな町の名前です。

昔々、ケガをしたフランス兵がこの町でコーヒーに赤ワインを入れて飲み、命が助かったことからこの名前がついたようです。

これがマザグランの名前の由来だと思っていたんです。

でも調べていると、、、

フランス語でアイスコーヒーをマザグランって言ったり

逆三角錐形の足つきのグラスのことをマザグラン言ったり

そもそも、マザグランコーヒーとかマザグラン・アメリカーノとか呼び方も色々あるみたいです。

そしてレシピも、、、

赤ワインやブランデーなどを使った、アルコール入りタイプ

レモンとソーダなどで作る、ノンアルコールのタイプがあります。

なんかややこしい飲み物です(笑)

マザグランのレシピ

今回はノンアルコールタイプのマザグランを作りたいと思います。

必要な材料は

  • アイスコーヒー:100㏄
  • レモン:1/2個
  • レモンスライス:1枚
  • ソーダ水:70㏄
  • 氷:適量

1人分の材料ですが、あくまで目安なのでお好みで調節してみてください。

準備が出来たら早速作っていきましょう!

グラスに氷を入れた画像

グラスに氷を入れておきます。

あまり多いと後半味が薄くなるので適度な量を入れます。

グラスにアイスコーヒーとソーダ水を注いだ画像

アイスコーヒーとソーダ水をゆっくり注ぎます。

グラスにレモンを搾る画像

レモンを搾ります。

レモンを搾るのがめんどくさかったら、ポッカレモン(レモン果汁100%)でも大丈夫です。

マザグラン完成画像

最後にグラスの縁にレモンスライスを飾って完成です!

飾りたくなかったら、なくても大丈夫です(笑)

マザグランの味

今回のレシピの分量で作った場合の僕の感想になりますが、、、

匂いも味もコーヒーはほのかに感じるくらいです。

レモンの強めの酸味と同時に微炭酸がシュワっときて、最後にほんのりコーヒーの味わいが残ります。

酸味が結構強いので、酸っぱいと思った方はレモンの絞る量を調節してください。

yamamoto
yamamoto
ガムシロップを入れてもおいしいですよ!

マザグランのまとめ

マザグラン完成画像

特別な器具も必要なく、簡単に作れるので挑戦しやすいアレンジメニューだと思います。

普段のシンプルなコーヒーにちょっと飽きた時や来客時の飲み物としてもおすすめです。

簡単なのでぜひ挑戦してみて下さい!

この記事を読んでコーヒーのアレンジに挑戦しよう思う方がいたら嬉しいです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA