コーヒー器具

【見た目もオシャレ!】HARIO(ハリオ)の水出しコーヒー器具「フィルターインコーヒーボトル」をレビュー

タイトル画像

アイスコーヒーとは違うスッキリ軽やかな飲み心地の「水出しコーヒー」

水出しコーヒーをつくる器具って沢山ありますが、、、

僕が使っているのは、見た目もオシャレなハリオの「フィルターインコーヒーボトル」です!

とてもオススメなのでレビューしていきたいと思います!

この記事では「フィルターインコーヒーボトル」の

  • 商品詳細
  • 水出しコーヒーの作り方
  • 使うときの注意点

についてお話していきます。

ちなみに、アイスコーヒーと水出しコーヒーの違いが気になる方はコチラをご覧ください!

HARIO(ハリオ)「フィルターインコーヒーボトル」商品詳細

フィルターインコーヒーボトルの画像

品番   FIC-70-CBR(ブラウンの場合)

サイズ  幅 約87 × 奥行 約84 × 高さ 約300mm  

容量   5杯専用

フィルターインコーヒーボトルの画像

見た目はワインボトルのようでオシャレなデザインです!

フィルターインコーヒーボトルを分解した画像

パーツは注ぎ口と本体で取り外しできるようになっています。

フィルターインコーヒーボトルの上部の画像

上部のシリコーンゴム部分は結構柔らかくて取り外しは簡単です。

フィルターインコーヒーボトルの蓋の画像

蓋もシリコーンゴムなのでこちらも取り外しは簡単です。

蓋があると匂い移りもしないので嬉しいですね。

耐熱表記の画像

本体は耐熱ガラスになっています。

耐熱なので他の用途にも使えそうです!

フィルター部分の画像

内部のフィルター部分はかなり細かいメッシュです。

HARIO(ハリオ)「フィルターインコーヒーボトル」を使った水出しコーヒーの作り方

目安の材料は

・深煎りで中細挽きのコーヒー粉55g
・水700ml
※コーヒーの煎り具合・挽き具合、水の量はお好みで調節してください。

ストレーナーにコーヒー粉を入れた画像

まずストレーナーにコーヒー粉(55g)を入れます。

ストレーナーの蓋を閉める画像

ストレーナーに蓋をします。

ストレーナーに注ぎ口をはめる画像

注ぎ口にストレーナーをはめます。

注ぎ口を本体にはめる画像

最後に本体のガラス部分にはめます。

水を注ぐ画像

注ぎ口から、ゆっくり水(700ml)を注ぎます。

ボトルに水を注いだ状態の画像

このまま冷蔵庫で8時間放置します。

抽出時間はお好みで大丈夫です。

ボトルを横に揺らしている画像

飲む前にボトルをゆすって攪拌してください。

水出しコーヒーが完成した画像

抽出後は内部のストレーナーを外してしまえば見た目もオシャレです!

yamamoto
yamamoto
簡単ですね!

HARIO(ハリオ)「フィルターインコーヒーボトル」を使うときの注意点

水道水を使うなら沸騰させて常温になった水を使う

長時間コーヒー粉を水に浸して抽出するので、カルキ臭のある水道水を使ってしまうと出来上がりの味わいも変わってきます。

水道水を使うときは一度沸騰させて常温になった水を使いましょう。

ミネラルウォーターを使うなら軟水

硬水を使うより軟水の方がスッキリした飲み心地になるので、より水出しコーヒーを楽しむなら軟水の方がオススメです。

コーヒーを淹れる時の水の選び方はこちらをご覧ください。

出来るだけ早く飲む

コーヒーは直ぐ酸化するので、味がどんどん悪くなります。

蓋もついているので2~3日くらいは保存可能だと思いますが、作ったら出来るだけ早く飲むようにしましょう。

HARIO(ハリオ)「フィルターインコーヒーボトル」のまとめ

フィルターインコーヒーボトルの画像

オシャレ・簡単・おいしいの三拍子揃った「フィルターインコーヒーボトル」

夜作って寝れば、朝にはおいしい水出しコーヒーがゴクゴク飲めちゃいます!

見た目もオシャレなので来客時にも活躍してくれると思います!

水出しコーヒーの器具を買おうと思っていた方は「フィルターインコーヒーボトル」ぜひ使ってみて下さい!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA